バイアグらの主成分シルデナイフィルクエン酸塩はジェネリック可能

シルデナイフィルクエン酸塩はジェネリック可能

バイアグらという薬を聞いたことがある方は沢山いると思いますが、実際に服用したという方はどのくらいいるのでしょうか?

バイアグらは、米国にあるファイザーという世界最大手の製薬企業が、アメリカにて1998年頃より発売を開始しました。

日本では発売されず入手するには海外から個人輸入するしか方法がありませんでした。

しかし送料を含めて価格は高くなってしまってました。

また、一般の方が自分の判断でバイアグらを服用して死亡するケースが発生しました。

そのため、副作用の副作用防止の観点から日本国内でもスピード審査され、1999年頃には国内承認されました。

今では国内でもお医者さんに処方箋を書いてもらえば、入手することができるようになりました。

保険適用外のバイアグらの服用

バイアグら保険適用外の薬なので高額ですが、今年の夏から価格の安いジェネリック医薬品が発売されています。

ジェネリック医薬品とは新薬の特許が満了した後に発売される薬ですが、開発コストが低いので定価格で販売されています。

バイアグらはファイザーから販売されていますが、その有効成分であるシルデナイフィルクエン酸塩を含む薬は他の製薬企業でも国内承認を取得すれば販売することができます。

そして現在販売されているジェネリック医薬品では水がなくても、唾液だけで服用できるように工夫されている製品も発売されています。

バイアグらの作用メカニズムは心臓病の薬のように血管を広げることで、血流量を増やしEDを治療するものですが、性欲や精液量を増やす効果はありません。

薬の力で勃起を促すことができますが、神経の障害や精神的なストレスによる心因性EDの治療は薬だけでは十分な効果が期待できない場合もあります。

ED(勃起障害)で本当に悩んでいる場合は、一人で悩まずに一度お医者さんと相談して対応方法をロングスパンで検討してみた方が良いです。