バイアグらの価格とジェネリック医薬品の登場による変化

バイアグらの価格とジェネリック医薬品の登場

バイアグらを個人で購入された方はどのくらいいるのでしょうか?

購入経験がある方ならば、バイアグらがどのくらい高価な薬なのかをご存知でしょう。

その高価な価格ゆえ、購入を見送った方も多いのではないでしょうか。

ただし、高価でもバイアグらの効き目に魅力を感じた方や、価格を抑えたバイアグらを仲介販売する業者もいたので、

個人で購入された方も多くいたのも事実です。

バイアグらの誤った使用による副作用や、バイアグらを装った粗悪な薬を販売する業者からの被害を防ぐためにも、厚生労働省はスピード審査により国内承認を行いました。

現在では医師に処方箋を書いてもらえさえすれば、誰でも購入することが可能です。

 

バイアグらの現在の価格

バイアグらの現在の価格は、25mgの錠剤で約1300円、50mgの錠剤で約1500円程度となっています。

この価格を高いと感じるか、安いと感じるかは、人それぞれであり、ED治療をどのくらい真剣に考えているかで変わってくるでしょう。

バイアグらの効き目に興味だけをもっているだけの方には高いかもしれませんが、パートナーとの性交渉をより満足させたいと感じる方は安いと感じるかもしれません。

価格が高いと感じる方にも、性交渉をより良くしたいと感じる方にも、価格を抑えたジェネリック医薬品を服用する方法はあります。

バイアグらのジェネリック商品の特徴

バイアグらは青色のフィルムコーティング錠で分割しにくい形状となっていますが、ジェネリック医薬品の中には二つに分割しやすく工夫されたお薬が販売されています。

そして50mgの錠剤が約1250円程度です。

これは、バイアグらの25mgの錠剤よりも低価格であり、二つに割って使用することもできるので、コストパフォーマンスの高い薬と言えるでしょう。

このようなジェネリック医薬品の登場により、これまでバイアグらを愛用していた方もジェネリック医薬品へ切り替える方が増えているようです。

こうなると、本家のバイアグらも価格を下がる可能性がありますね。

このようにジェネリック医薬品が販売されることにより、これまで市場を独占していたバイアグらにも価格競争が発生して患者さんの負担がより軽減されます。

価格が高いという理由でED治療を諦めていた方は、一度医療機関へ相談してみてはいかがでしょうか。