バイアグらは価格が高くジェネリック商品の登場を心待ちにしている方が多い!

ジェネリック商品の登場を心待ちにしている方が多い!

勃起不全って言えばEDですが、EDから連想する言葉は真っ先にバイアグらと思います。

TVCMなどEDの治療薬としてバイアグらは有名になりましたが、実際に試したことがある方や、その成分内容まで知っている方は以外に少ないのでは無いでしょうか?

なぜなら国内で入手できるバイアグらは、病院で斡旋されたものであり入手が難しく価格も高いことがあげられます。

バイアグらとは

勃起不全や勃起障害といったED治療のための救世主として登場したバイアグらですが、価格と入手性で実際に試した方は少ないのが現状です。

そのためバイアグらが、ジェネリック医薬品として市販されるのを心待ちにしていた方が多いのは事実です。

 

バイアグらと副作用

しかしバイアグらに期待を寄せる方は多いですが、バイアグらは危険な副作用もあるので注意が必要です。

バイアグらは最近でこそ個人で購入できるようになりましたが、副作用を危険視する方が未だに多いのも事実です。

確かにバイアグらはED(勃起不全)改善に即効性が出る確率は高いです。

しかし即効性が高く身体に効くと言うことは、それだけ副作用も強く反応するということです。

農薬が害虫だけに作用するかと言えば異なるようにバイアグらも良い機能だけ身体が勝手に摂取してくれる訳はありません。

かならず効果に見合った弊害も自然の摂理であるものです。

その辺を注意してバイアグらの利用を検討願います。

自然界には「天然のバイアグら」と呼ばれている製品もありますので、バイアグらに頼らなくてもED(勃起不全)の克服は行えます。

ジェネリック医薬品の特徴

ジェネリック医薬品後発医薬品とも言われるように、その効用や安全性が期待できる製品が特許が切れたことで、同様の成分で同様の効果を期待できる製品を他社で製造し販売された医薬品です。

今まで一社独占状態だった先発医薬品と比較して、他社でも製品化が可能になった後発医薬品(ジェネリック医薬品)には様々な特徴があります。

まず市場への流通量が増えるため価格が下がることが期待でき、消費者にとっては安全に入手しやすくなるので、ジェネリック医薬品は注目を浴びています。

もちろんジェネリック医薬品を製造・販売するためには、厚生労働省の許可が必要です。

 

ジェネリック医薬品が厚生労働省の許可を得るまで

ジェネリック医薬品が厚生労働省の許可が降りるまでには、1年ぐらいの期間が必要であり、ジェネリック医薬品を製造・販売する製薬会社は、相応の準備をして開発しています。

特にED治療は難しく、いろいろな方法が検討されていますが、最後の方法としてバイアグらに行き着く方も多く、バイアグらのジェネリック医薬品の登場を待ちわびている方は多いです。

EDは勃起不全や勃起障害であり、勃起が完全に出来ないと思いがちですが実はそうではなく、勃起までに時間が必要であったり、いざ勃起できたとしても途中で元気が無くなってしまう状態の治療も含まれます。

結局は、期待する(満足する)ための性行為が行えない方は、EDの疑いが高く最近では増えている状況です。
[memo_h4 style=”1″ color=”black”]EDの問題は心・精神的な問題も含みます。[/memo_h4]

ココロとカラダの問題は結局は自信を持つことが大切です。

最近では有効なサプリも開発されて来ていますので、安全に試してみる努力をすることは良いことです。